のんびり釜山。

韓国。釜山。結婚。美味。美容。生活。流行。              釜山在住25歳主婦がお伝えする、りあるな釜山情報ブログ。

韓国の結婚移民ビザ(F-6)取得~韓国での婚姻届~

 

前回は日本で婚姻届を取得することをお伝えしましたが、

今回は、晴れて日本で夫婦になり、次に韓国で婚姻届を提出する場合の流れをお伝えしたいと思います。

 

 

 

日本で婚姻届を提出した後は、韓国でも婚姻届を申請しなければなりません。

(申請というよりは、報告のような扱いになるそうです。)

 

申請の際に必要なものは、こちらです。

(この場合も超絶心配性な私だった為、準備しすぎ感は否めないですが。。)

こちらもスクショしてくださいね!!!笑

 

が日本人側が準備、が韓国人が準備、が二人が準備するものです。

 

婚姻届受理証明書

婚姻関係が記載されている戸籍謄本

パスポート

住民票(多分これはいらないかも)

 

家族関係証明書

婚姻関係証明書

基本証明書

謄本

 

上記4つの書類の韓国語訳家族関係証明書、婚姻関係証明書、基本証明書、謄本)

婚姻届(韓国の市役所に置いてあります。)

二人の印鑑(実際にはサインで大丈夫でした)

 

これらを持って、どこでも良いので(←)近くの市役所に行って申請しましょう!

ちなみに私たちは、現在住んでいる釜山では無く、旦那の実家の近くにある、市役所とも言えぬ、小さな役所の派出所的なところで申請しました。

必要ないものはポイポイ返されたりしましたが、正直、日本側で準備するものを揃えていれば、韓国側で準備するものが足りなかった時でも、その役所で発行出来るので問題は無いと思います。

 

国際結婚に前例が無かったのか、担当のお姉さんもいろんな人に聞きに行ったり、この日本語の漢字は何の意味だと聞かれたり。。(漢字の意味なんて分からんわw)

市役所側はばたついていましたが、なんだかんだで、「今週中には旦那さんの証明書類に私の名前が反映されると思います。」と月曜日に言われ、木曜日には反映されていました。

 

これで無事に日韓で晴れて夫婦となりました!

 

その後、旦那さんの証明書類へ自分の名前が反映されてから、韓国で数日間滞在する時間があれば韓国側で準備しなければならない書類を全て持ち帰って、日本にある領事館に提出すればスムーズにビザの申請も出来ます!

 

続いては、いよいよ最大の難関(?)、結婚移民ビザの申請についてです!